« セイコーって—セイコー【日本】 | トップページ | ウォーキングやお出かけに◎な”歩きやすい”機能派スニーカー »

2021年8月23日 (月)

セリーヌ 2021年冬ウィメンズコレクション

セリーヌ(CELINE)は、2021年冬ウィメンズコレクションを発表した。

メゾンのコードに新鮮さをプラス

「PARADE」と名付けられた今季は、2021年夏ウィメンズコレクション「MONACO」や、セリーヌ オム 2021年冬コレクション「TEEN KNIGHT POEM」の系譜を継ぎつつ、新しく進化させたスタイルを提案。「MONACO」コレクションのアクティブなシルエットにクラシカルなセリーヌのコードを落とし込み、一見意外にも思えるような重ね着やメンズライクなシューズなど、フレッシュなアクセントを加えることでひねりを加えた。

カジュアルなアイテムとクチュール

象徴的なのは、カジュアルなアイテムにきらびやかなクチュールを組み合わせたコーディネートだ。例えば、ショートモッズジャケットには、流れるようなシルエットのグロッシーなスパンコールドレスをセット。足元のマウンテンシューズも相まって、快活で新鮮なドレススタイルとなっている。また、ギャザーを寄せた華やかなミニドレスにオーバーサイズのレザージャケットやフーディをラフに重ねたルック、キルティングジャケットにしなやかなロングドレスを合わせたスタイルなども登場している。

中でも目を引いたのは、ミリタリーベストやレザーブルゾンといった無骨なウェアとコーディネートした、シルバーやゴールドに輝く立体的なスカート。シャイニーなメタルパーツを編み込んだスカートは、クリノリンをつけた時のようにふわりと緩やかな弧を描いている。歩を進めるごとに曲面に受けた光が様々な方向に反射し、より一層輝きと存在感を増していく。

デニムやアウトドアの要素を加えたブルジョワスタイル

一方、セリーヌを象徴するブルジョワジーな着こなしも展開。ダブルフェイスのカシミアやキャメルのウールコート、ヘリンボーンのチェスターコート、ガンクラブチェックのノーカラージャケット、金ボタンを配したツイードジャケットなど、上品な表情のアウターにウォッシュドデニムやパーカーなどカジュアルなピースを加えたスタイルが散見された。

また、ムートンジャケットや厚みのあるニット、ステッチの装飾を加えたロングブーツなど、ほのかにアウトドアのムードを漂わせるアイテムの数々をまとったルックも登場。ブルジョワウーマンの佇まいに、英国のカントリーサイドを思わせるエッセンスを加えている。

グランジなど90年代からの着想

加えて、90年代ファッションからの影響も見て取れる。グランジスタイルを彷彿させるネルシャツとデニムジャケットには、シアーなドレスを合わせてフレッシュさをプラスした。オールブラックで統一したソリッドなセットアップスタイルには、クロップドパンツとブーツをセット。アシンメトリーなカッティングのトップスを合わせることで、動きのあるスタイリングに仕上げている。

関連記事:http://abrand.top/


« セイコーって—セイコー【日本】 | トップページ | ウォーキングやお出かけに◎な”歩きやすい”機能派スニーカー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セイコーって—セイコー【日本】 | トップページ | ウォーキングやお出かけに◎な”歩きやすい”機能派スニーカー »