« プレゼントおすすめランキングTOP5 | トップページ | 親友の結婚祝いランキング2020 »

2020年6月11日 (木)

私は色とりどりのモンシロチョウになって

私は色とりどりのモンシロチョウになって、静かにあなたのそばに飛んで来て、花の前の月の下静かに春の音を聞きたいです。
ますます春が近づいてきて、私は山川の川を飛び越えて、ついに冬が去って春が来る彼岸に着きました。 夜はますます深くなり,三日月はますます澄みきってきた。 この柳のこずえ、この月の光、ほのかに顔をなでるそよ風、そしてかすかに漂ってくる赤い杏と梨花の香りに、私はうっとりさせられ、夢中にさせられた。
5 小川の水は,静かに夜をふさいで,静かに月の色をして,風が吹いている。。 これは最も美しい境地で、最も美しい風景です。 そんな静かな夜には月の色艶艶が詩情に富み、梨の木の花は月の下でいっそう耻ずかしくなっている。 目を少し閉じて、腕を伸ばして、私はこの最も美しい境地をそっと抱きしめたい。 私に静かにこの静かな自然の美しさを享受させて、私にそっとこの心のさわやかな春の中で酔わせます。
風静かな夜、私は春の言葉を聞き、小川のせせらぎのある並木道を歩いた。 まだ寒いこの早春は、目を楽しませ、心もすっきりしてくる。 私は思わずゆっくりと足を止めて、この美しい光景を眺めた。淡い月の光が小川の水に映り、そよ風が彩雲のようにかすかにかすめていく。もともと静かな小川の水が淡いさざ波を立て、水面は風とともにマイクロ波の層を現している。静かで動く脱兎のような感じは人を喜ばせ、人を躍らせてくれる。 その堤防の柳の芽は裾を軽く揺らし,小川の水を軽やかにはたいている。水面の楽しさと楽しさを訴えているようで、カップルの間でイチャイチャしているようで、別れの春の思いを訴えているようで、すべてはそんなに自然で、そんなに完璧です。 柳の叶の上に高くそびえる露の玉は真夜中に静かに眠っており、超然脱俗、安然淡雅な心境の美しさを与えてくれる。 一夜の春風が来ても,露は柳の綿とともにうごめくことはない。月や水面や柳の綿に目を凝らし、春の日に花を咲かせる言葉に耳を傾けている。
春の言葉を聞いて、私は春の心が氾濫している。 洞の初めの心はそんなに自然に春の言葉に引きつけられて、春の色とりどり、春のたおやかな姿、春のあでやかなしたたかさ、春の魅力、春の純潔、春の淡い上品な香り、春のすべての美しさに引きつけられます。 谷川の水のほとりに足を止めて、平然としてこのような天作の美しさを見て、心の中はとっくに幸福感でいっぱいで、心の中から頭の中まで、彼の読むことができる少しの隙間もありません。この青青の世界のこの楽しい人生、歳月はこんなに簡単で平らで果てしない美しくて、何の心配もない甘美です;、 彼の年に流れた悩み、異国の憂いは意外にも一瞬の間に消えて、すべての多感はとっくに春の言葉を聞いた日の中で痕跡を現さずに風の中で消えました。
24 ただ静かな一筋の微風、静かな一筋の柳綿を撫でて、世の中に争いのない一樹の梅になんとそのように果てしなく果てしなく色とりどりの花があって、この梨の花の白、杏の花の紅の春の言葉の中で心して早春の二月の呼吸を聞きます。 春が暖かくなれば花が咲いているのが一目瞭然の空のような気がする。
春の夜、水のように凉しい月、静かな春の言葉を聞いて、春のことが来る子の夜、春の鼓動を聞いて、耳と春の言葉。 多情の梅林は本当に隠れて春の懐の巣の中で一晩中転々として眠れないで、一晩中聞いて春の言葉;、 一夜の春の静けさを聞いて、呼吸一夜の春の草の長ウグイスが飛ぶ! !

« プレゼントおすすめランキングTOP5 | トップページ | 親友の結婚祝いランキング2020 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレゼントおすすめランキングTOP5 | トップページ | 親友の結婚祝いランキング2020 »